スマートフォンでインターネットにつながるための設定

今現在、格安SIM、スマホを販売するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、カタログスペック上の速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例えば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

その場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近注目されるようになっています。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下なんていう料金になることが。

いったん、見直しを考えてみてもいいのではないでしょうか。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIM初心者の方や、メインで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

PRサイト:xperiaで格安SIMがすごい。テザリングももちろん可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*